丁子屋の夏休み@8月3・25日「丸子宿探検+駕籠(かご)×らくご」
2015/07/11(土)


丸子宿探検+駕籠(かご)×らくご

東海道・丸子宿は江戸時代にはお伊勢参りや京・大阪見物にでかける旅人で賑わった宿やお店の並ぶ宿場街でした。丁子屋は、松尾芭蕉がとろろ汁を詠んだ俳句にも登場していて、その歴史は400年以上。丁子屋周辺を探検しながら丸子宿の様子を想像したり、当時の旅人たちが使った旅の乗り物「駕籠(かご)」を体験したり、旅をテーマにした落語もたのしんで、江戸時代の旅人になりきってみよう!

*丸子宿をちょこっとお散歩しながら江戸時代の丸子の様子を想像したり、駕籠(かご)や人力車を動かしたり、触って体験したあとに、東海道の江戸時代の様子や、旅の面白いはなし(落語)で大笑いする内容です。


*2回の講座を予定してますが、お楽しみいただく落語は2回それぞれ違う演目をご用意します。

日時
8月3日(月)1時間目_13:30〜
8月25日(月)2時間目_15:30〜

会場:丁子屋
テーマ:東海道・丸子宿で江戸時代の旅人に変身!
お笑いタイムトラベル

講師
丸子宿案内人:柴山広行/落語家:笑福亭羽光

持ち物
外にも出ますので、汗ふきタオルや熱中症予防に帽子、水筒などをご用意ください。

ご予約はこちら↓
http://wakaru-cafe.sun.bindcloud.jp/order07.html
一覧へ戻る
HOME
ページの先頭