2月28日われら静岡在来!旬のそばと自然薯を楽しむ会
2015/12/25(金)


蕎麦たがた×とろろ汁丁子屋 共同企画

「われら静岡在来!旬のそばと自然薯を楽しむ会」
 
〜在来作物とは〜
ある地域で伝統的に栽培され、遺伝子組み換えなどの現代的な品種改良を行っていない作物である(wikipediaより)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
厳しい冬を超え、まもなく立春を迎える2月。
わずかですが、春の兆しを感じる日も増えてくるこのころ。
そばも自然薯も旬を迎えます。

蕎麦「たがた」主人田形治と丁子屋14代目柴山広行による
蕎麦と自然薯を楽しむ会を催します。

2016年2月28日(日)
@16:00〜17:30
A18:30〜20:00
2部入れ替え制

参加費:3,240円(込)
完全予約制:各30名様
場所:丁子屋(静岡市駿河区丸子7−10−10)
お問い合わせ:054−258−1066

*ご予約はお電話での受付になります。
そこで受付いただければ、正式な受付完了となりますのでよろしくお願いいたします。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

<お品書き>
〇蕎麦屋×とろろ屋トークセッション
 ・井川地区「焼き畑」から「蕎麦屋たがた」が伝えたい事
 ・「そば」と「とろろ汁」でつながる東海道
     〜在来作物と静岡の食〜
    
☆映像にて2015年ミラノ万博で上映した「井川・焼き畑」の映像をご覧いただきます。

〇お食事    
「蕎麦たがた」在来そば三種 
 ・井川在来
 ・在来そば×在来自然薯
   (温・冷)

「丁子屋」 静岡在来自然薯
 ・揚げ物   おかべ揚げ、揚げとろ
 ・〆とろろ汁

*写真は2015年8月に初めて本格的に山の傾斜地で行われた焼き畑の様子です。今回は焼き畑で育てられた「井川在来そば」をご用意しております。(2011年より焼き畑は復活)

一覧へ戻る
HOME
ページの先頭