28日われら静岡在来!焼き畑の様子
2016/02/19(金)
28日に控えたイベントの前に、
井川で復活した焼き畑の映像をご覧ください。

https://www.youtube.com/watch?v=14WveN2-Kjo&feature=youtu.be


今回の企画は
今までつながってきたものを、知っていただくということ。そしてそれを伝えていくということ。

焼き畑や在来作物について少しでもお伝えできればと思っています。



井川地区では(日本各地で行われていた)焼き畑農法。開けた土地が山間地において土地を行こう利用する方法です。
さらに木材を焼き炭にして、「再び土に還す。」

それが土の微生物の活性化につながり、土が元気になるんだそうです。

しかし、50年前にこの農法は途絶えてしまいます。それは井川にダムができるのと同時期、燃料や建材として利用価値のあった木材ですが、社会の仕組みが変わり、石油や輸入建材にかわっていったという過程があったようです。
そんな中、売れていた木材も売れなくなり、必要なものはダムを渡り車で買いに行くようになり、生活様式が変わっていってしまったことが
「焼き畑農法」が姿を消した背景にあったようです。
そのようなお話は、去年の夏、復活した「焼き畑」に参加した際聞いてきました。



「つながる・伝える」
やりがいのあるイベントです。

在来作物についてはこちらをご覧ください。
http://www.projectz.jp/about.html


28日「われら静岡在来!旬のそばと自然薯を楽しむ会」
http://chojiya.hanjomo-site.jp/05_news_detail_2347.html


一覧へ戻る
HOME
ページの先頭